ブッチドックフード シニア犬

ブッチドックフードは、「高たんぱく低カロリー」の特別なペットフードです。

理想的な栄養バランスを持つドックフードと人気です。

少ししらべたら「シニア犬」という文字が出てきました。

大切な家族のシニア犬でも安心なのか気になりますよね?

そこでシニア犬でも大丈夫なのか詳しく調べてみました。

ブッチドックフードはシニア犬でも大丈夫?

結論から申し上げますとブッチドックフードはシニア犬でも安心です。

その答えは3つ

ブッチドックフードはシニア犬でも大丈夫?

  1. やわらかいのでシニア犬でも安心
  2. 安全性が高い
  3. 無添加へのこだわり

    それぞれ詳しく説明します。

    ❶やわらかいのでシニア犬でも安心

    • 水分量が70%でやわらかい

    シニア犬になると、歯や弱ったりしてしまい心配です。

    ブッチドックフードは、乾燥しているドックフード(水分量10%ほど)に比べると「生肉に近いので水分量が70%」も含まれています。

    歯が弱ってしまってもやわらかいのでシニア犬でも安心して食べることができます。

    • 消化吸収しやすく身体への負担も少ない

    人間は身長の12倍の腸の長さと言われていますが、犬はその半分の「体長の6倍しかない」です。

    ワンちゃんは、体長自体も短いですので食べ物を消化吸収するときの負担も多いです。

    でもブッチドックフードは、水分量も多いので消化吸収しやすくて体への負担も減り「シニア犬でも安心して食べる」ことができます。

    ❷安全性が高い

    ブッチドックフードは、安全性が高いドックフードです。

    原料は全てニュージーランド協会認定の生産農家から供給される新鮮な輸出グレードのものを使用しています。

    「環境規制が世界一厳しい」といわれるニュージーランド産の原料には優れた栄養価が期待できるため、それを使用したブッチのドッグフードもワンちゃんにしっかりと栄養を与えてくれます。

    また、塩分の含有量は0.3%以下と身体にもやさしいドックフードです。

    ❸無添加へのこだわり

    ブッチドックフードは、無添加へのこだわりが高いドッグフードです。

    • 人口添加物不使用
    • グルテンフリー

    人口添加物やアレルギーの原因になりやすいグルテンフリーなのもシニア犬には安心です。

    さらに

    砂糖
    小麦
    グルテン
    イースト
    人工調味料
    香料
    エトキシキン
    プロピレン
    グリコール

    を含んでいないドックフードなのもうれしいですね。

    まとめ

    ブッチドックフード 給餌量

    ブッチドックフードは、シニア犬でも安心なのか調べてきました。

    やっぱりワンちゃんも「毎日口にする食べ物は健康に直結」しますもんね!

    シニア犬なら特に良いものをしっかり食べて長生きしてもらいたいです。

    大切な家族を大事にするためにも「良いものをしっかり食べてもらう」のはとっても大切だと思います。

    矢印

    ブッチドックフードの口コミとレビュー
    ブッチドックフードを試してみる